読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiyanagi’s blog

ほとけにハッとしてグゥの音も出ず

湧き上がるものへの「信頼」

タイで出家された日本人僧侶プラユキ・ナラテボーさんに
初めてお目にかかることのできた先日。

このときいただいた神資料、じゃなくて「紙資料」を
パラパラと見返していたら・・・

ある箇所で、脳天をガツンとやられました。

「信(信頼力)」

(1)自己信頼
(2)湧き上がる感覚・感情・思考などへの信頼

 
湧き上がる感覚・感情・思考などが
たとえどのような類のものであっても・・・

ひどくネガティブなものであっても、
悲惨なものであっても、

それらがたった今ここに湧き上がってきていることを「信頼する」。
「信頼する」=「信じて、頼りにすること」。

【こちらは紙資料ではなくプラユキさん最新のご著書。2巡目突入です】
f:id:lovebuddha:20160316182536j:plain


頭ではわかったつもりでいても
習慣とはしつこいもので、

湧き上がってくる感覚・感情・思考などに対し、
賛同したり否定したりする自分がいて
いつの間にか大きな顔をしていることがある。

そういった意味において、
わたしは自分に湧き上がる感覚・感情・思考などを
まったく信頼できていない。

ほんとうに、まったく・・・。

頼りにするどころか、
「こんなものが湧き上がってくるはずがない」
と、はじめから疑いにかかっている。

そのことすらも、
「信じて、頼りにする」・・・なのだろうなぁ。


「脳天ガツン」が妙に心地いいのは、
このことがきっと真実だからなのでしょう。

まさに「神資料」です。




・・・・仏教なんですが。