読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiyanagi’s blog

ほとけにハッとしてグゥの音も出ず

禅への回帰。

なんと1年近くぶりの更新となります。
自分でもびっくりするほどの「放置プレイ」です。

仏道実践をすすめていく中で、書きたいこと、書けることが
まるで泡ぶくのようにどんどん消えていってしまいます。

書こうと思っても、それはもう終わっていることゆえ、
なんだかとても「遠く」に感じてしまうのです。

が、それだといつまで経っても更新できない。
(実践)状況が1年前とは随分と変化してきておりますので
そのあたりを自分用の記録がてら簡単に。

昨年9月に「禅への回帰」が起こり、
現在お二方のご老師に指導していただいております。

もともと仏教と出逢ったきっかけが「禅」。
当時は、さるご老師の元へ通わせていただいておりました。

仏教&禅ビギナーのわたしをご老師はあたかかくも厳しく迎えてくださいました。
が、数年後ご老師がお倒れになり、通うことが叶わなくなってしまった。

「これからどうしたものか」と迷うこと数年。
禅会や摂心へ伺うこともできず、というか伺う気も起こらず・・・

そんなとき、
宮下先生とプラユキさんとのご縁をいただきました。
おふたりは、わたしが仏教と再会する機会を設けてくださった。
宮下先生から教えていただいた「身体とコミュニケーションすることの大切さ」、
プラユキさんからご指導いただいた「チャルーンサティ」は今でも宝物です。

そしてTwitter でご縁をいただいている方々。
みなさんのtweet に(自発的に)背中を押され、
現在お世話になっているご老師の禅会へ伺うことができました。

自分では「もう戻ることはないかもしれない」と半ば諦めていた
「禅への回帰」。よもや1年後に自分がこうなっているとは、
1年前には思ってもみませんでした。

今はとにかく、坐っています。
時間があってもなくても、坐る。

一方で。

「実践は坐っているときだけとは限らない」
このことを身をもって実感してもいます。

自分で「実践は坐っているときだけとは限らない」と
目標を立てたり言い聞かせたりするまでもなく、
坐れば坐るほど、
坐っていないときも「おのずと」そのようになる。

1年前の自分がそうであったように・・・
これからどこへ向かおうとしているのか、まったくわかりません。
わかりませんが、実践を続けていった先に何があるのか、見てみたい。

そのような思いで、やっぱり今日も坐っています。

・・・あ、今は坐っておりません。書いています。
(わざわざ言わんでもよかたい)