読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiyanagi’s blog

ほとけにハッとしてグゥの音も出ず

「同じことですがね」

Webで出逢ったblogなどを通じてハッとすることがあれば
その箇所を大抵コピペしてメモっておくタチなのですが、

メモるのを忘れてはしまったものの、
忘れようにも忘れられない、
今でもハッキリと思い出せる文章がいくつかあります。

そのうちのひとつ。

どのサイトだったかもすっかり失念してしまったのですが、
おそらく、とある「雲水さん」の修行回想録だったかと。

その方はもともとご実家がお寺だったのか何だったのか、
とにかくご本人の意に反し参禅修行せねばならぬ状況になり、
あまり気のすすまぬまま
福井県にある古刹の禅宗専門僧堂へ上山します。

堂頭老師との初接見にて。
どうしてこの寺に来たのか訊ねられた「雲水さん」は
気乗りのしない様子でこう言い放ちます。

「家で炬燵にあたりながらテレビなんかをダラダラ見てるよりは、
 坐禅でもしたほうがちょっとはいいだろうと思いましてね」

すると堂頭老師はこのように仰います。

「同じことですがね」

この言葉に「雲水さん」がハッと目を覚まし、
以降参禅修行に邁進された・・・のかどうかはまったくおぼえていないのですが、

その後長らく、わたしにとって堂頭老師の「同じことですがね」が
心に引っかかりまくる「現成公案」となってくれたのは
言うまでもありません。

「家で炬燵にあたりながらテレビをダラ見するのと
 坐禅が・・・同じ・・・じゃねえよ!
 だったら坐禅しなくてもテレビ見てればいいんじゃん」

そのような「心の引っかかり」が思い出されるたび、
実際に堂頭老師とお目にかかったことのある己の脳内に、
あの言葉が「ご老師のナマのお声」で即座に響き返るのでした。

「同じことですがね」

と。

そして今になって心底思うのは・・・

「家で炬燵にあたりながらテレビなんかをダラダラ見てるよりは、
 坐禅でもしたほうがちょっとはいいだろうと思いましてね」

そう堂頭老師に言い放つことのできる度胸は
わたしにはカケラもない、ということです。

「雲水さん」まじスゲエ。