読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukiyanagi’s blog

ほとけにハッとしてグゥの音も出ず

般若心経

般若心経。
たった262文字だか276文字だかの、コンパクトなお経。

ソラで唱えられたら・・・なにやら「ありがたい」感じがするし、
実家の仏壇で手を合わせながら唱えることだって可能になるし、
「自分、わかってる風」でカッコイイではないか。

なんとヨコシマな動機よ。。。特に「わかってる風」ってヤツ。
レッドカード。一発退場です。

とはいえ、ヨコシマな動機は、人を動かす。
受験生時代の暗記作戦よろしく、必死で憶えにかかるわたくし。

スウェーデン王国の誰がどんな治世をしていたのか、
 なぜ自分はこんなにも憶えこもうとしているのだろう?」

という素朴な疑問をひっさげつつ世界史の暗記に苦しんでいた
当時の記憶がよみがえります。

そうこうしているうちに、
あっという間に般若心経をソラで言えるようになっていたのですから、
ヨコシマな動機ってやつは、つくづくすごい。

いや、たった262文字だか276文字だかなんですけどね。。。

以上、かれこれ10年以上前の話であり、
毎日般若心経を唱える習慣もその後特にないのですが、
今でもソラで口にすることは可能。

スウェーデン王国の誰がどんな治世をしていたのかは
すっかり抜け落ちてしまっておりますが。


ちなみに・・・ちょっと気を抜くと、

「究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 
 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 心無罣礙
 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃 三世諸仏・・・


こんな風に、いつの間にやらループ状態になっていることも
しばしばであることを、ここに告白します。
依般若波羅蜜多故」が2回出てくるところがミソです。

せっかく憶えた般若心経ですが、
実家の仏壇前で披露(?)する機会が一切ないであろうことに
気づいたのは、ずいぶん後になってから。

浄土真宗では、般若心経は唱えない。
憶える前からすでにレッドカードをくらっていたのでした。チーン。